読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

iDeCoの商品解説-ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)-楽天証券

アクティブファンドが悪いわけではないですが、構造的に手数料が高くなりやすい分インデックスファンドに勝つのは難しいのでしょう。

iDeCoの商品解説-インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式-楽天証券

幅が広すぎて全く参考になりませんが、これが新興国の投資リスクの一端だと思っていただければいいかと思います。

iDeCoの商品解説-たわらノーロード 先進国株式-楽天証券

もちろん三〇年間運用した結果これよりひどい結果になったり、その逆にとんでもない成績を収めることもあり得ます。それは、投資のリスク。つまり結果のぶれが存在するからです。しかし、リスクをとらなければ増えることもありません。

楽天証券iDeCoの商品比較-国内REITで購入するのはこの一本!

消去法で残ったファンドの成績としては優秀な部類でしょう。購入しても問題ないと思います。

iDeCo商品解説-野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)-楽天証券

アクティブファンドにしては珍しくいい成績を出すファンドでしたね。

iDeCo商品解説-三井住友・DC日本リートインデックスファンド-楽天証券

REITは僕自身まだまだ勉強途中なのでふわっと言葉を濁しているところがあるのでご了承ください。

楽天証券iDeCoの商品分析-国内債券クラス 購入するのはこれ一本でOK!

日銀2%の壁は国内債券クラスに限らず、前回の国内株式クラスやこれから紹介していくすべての投資クラスに必ず襲いかかってくる物です。

iDeCo商品解説-明治安田DC日本債券オープン-楽天証券

アクティブファンドですが、投資先が債権なのでインデックスファンド少し上の堅実な運用成績です。これだったら個人的にはインデックスファンドを購入しておいた方がいいのかな? と思います。

iDeCo商品分析-たわらノーロード 国内債券-楽天証券

債券クラスは投資リスクがべらぼうに低いのが特徴です。複利の力も馬鹿にできません。

楽天証券iDeCoの商品比較-国内株式クラス 購入するのはこの2つでOK!

今回は楽天証券のiDeCo商品のうち、国内株式クラスの紹介がすべて終わりましたので、もう一度簡単に紹介した後国内株式クラスの中から選ぶとしたらどれを買えばいいのか? と言うことを考えていきます。

iDeCoの商品解説-フィデリティ日本成長株ファンド-楽天証券

結構信じられない運用成績のファンドですね。

iDeCoの商品解説-MHAM日本成長株ファンド<DC年金>-楽天証券

大幅下落時からの伸び率は目を見張る物があります。もし今後リーマンショック級の大幅下落が起こった場合には積極的に買っていってもいいと思います。

iDeCoの商品分析-iTrust日本株式-楽天証券

正直生まれたばかりで、何もかもが未知数のファンドです。

iDeCoの商品解説-たわらノーロード日経225-楽天証券

最後の最後で目を覆いたくなるような結果が出てしまいましたが、これは前回同様失われた20年が大きすぎです。

iDeCoの商品解説- 三井住友・DC日本株式インデックスファンドS-楽天証券

このファンドは信託報酬が安く素晴らしい物ですが、分散と言うことで日本以外の国のファンドも組み合わせておくのがいいと思います。