東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

カプセル化された自意識ということ

Twitchでゲーム配信しています

→→→→→→→→

f:id:hushinomiya:20150923234456j:plain

どうもふしメロンです。シルバーウィーク連休ですがそのうちの3日間をとある自己啓発系セミナーに使って今帰ってきたところです。これでブログの質が数段アップすること間違い無し!と言う自信のもと、少し書いてきます。

 

カプセル化された自意識

僕を含め一部の人たちは自分の意識が言わばガチャポンカプセルのようなものに入っているのではないのかな?と言う考えを一つ思い浮かべました。

彼らは自意識がカプセルに入っているため人との関り合い方がカプセルの大きさ分だけ普通の人と距離が開いているのです。そして、他人が関わろうとしてきてもカプセルで囲われているため触れることは出来ずいつもコロンコロンしています。

このカプセルには空気穴のようなものが開いておりそこから外の物を中に取り入れ自分にとって居心地の良い環境をカプセル内に圧縮し構築します。

カプセルの形にもよりますが普通よりもコロンコロンしているため様々な要因で自意識の立ち位置が変わります。また、カプセルがよろしくない形で割れるとそれ以上立ち位置が変動しない代わりに非常な偏屈者になったりします。また割れた時に中身が全て飛び散るのでその時に貯めていた物の傾向により周囲に良くも悪くも甚大な影響を及ぼします。もしも、悪い傾向のものが詰まっていれば周りの人に愛想を尽かされるだけで住めばいいかもしれませんが、犯罪にまでなるかもしれません。逆にいいものが詰まって周りに幸福を撒き散らすことが出来るでしょう。

自分の世界を構築しているように見えますが、実際はそのカプセルをいつも外側から他人のように観ています。なのでそのカプセル内に自分はいなく中に入っているものが何なのかは解りません。透明のカプセルでは有るのですが物心ついた時には圧縮された内容物によって中の様子はうかがい知れないからです。

この事に気がついた人たちは必死でカプセルを開けようとしますが断念してハンマーで破壊するかもしれません。または完全に諦めカプセルを無かったかのように外側の視点で生活しようとしますがいつも不満足です。

おわりに

言いたいことを言ってるだけで、ほぼ自分の自己紹介みたいな感じです。しかし僕はカプセルを開ける方法を見つけました。

まだ開け方を探している人は今からでも遅くありません。いいものを詰めてください。

ハンマーで叩き割る前に様々な人にアドバイスを求めてください。

ある意味過去の自分からのプレゼントみたいなものです。タイムカプセルだと思って一生懸命開け方を探して欲しいと思います。