東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

ワシントン1日目

どうもふしめろです。

1日目といっても書いてるの2日目の朝なんですけどね。まあそれはいいとして。

自転車でワシントンを走り回る

さて、前回の記事でお伝えした通り、今日はワシントンに設置してあるシェア自転車。

www.capitalbikeshare.com

を使ってワシントンのメインを走り回る予定です。ステーションはこんな感じ。https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/54/Capital_Bikeshare_station_outside_Eastern_Market_Metro.jpg流れとしてはこんなかんじ。

  1. 各ステーションの機械をタッチスクリーンで操作。
  2. 料金等を選択しクレジットカードをスワイプ
  3. カードの電話番号なりなんなりを入力
  4. そうすると1~3で5ケタの解除コードが表示される(32-213みたいな)
  5. 自転車ドックの左端にある1~3のボタンで先ほどのコードを入力
  6. 青ランプがついたら力づくでドックから自転車を引き抜く
  7. 別のステーションに行って自転車を返す
  8. 一日券・三日券は乗るたびに支払ったカードをスワイプして解除コードをもらう

種類ビジター会員は、一回券・一日券・三日券とあるので僕らは三日券をチョイス。基本料金は17ドル手数料で+1ドルとられたので一人18ドルを支払います。

そして、この自転車はドックから出して30分無料で乗ることができます。さっき払ったじゃないかと思われるかもしれませんが、あれはあくまで利用料。乗る料金は30分ごとに2ドルからの倍額を払わなければなりません。乗れば乗るほどお金がかかります。

 

しかし、ドックに自転車を返せばその時間はリセットされるので、30分で近くのステーションに返し、すぐに解除コードを発行すれば無料で無限に乗ることができます。

ただ、ステーションにあまりにも自転車がなく待ちも発生しているようであれば、顰蹙を買う可能性があるので注意してください。

でもそんな自転車で快晴のワシントンをはしるのは最高によかったです。

www.youtube.com

 

ワシントンの名所を回る

ワシントンといえば、スミソニアン博物館群が有名ですが、それ以外にも記念碑が大量にある一大観光都市です。

リンカーン

キング牧師

トーマスジェファーソン

オベリスク

ホワイトハウス

とにかくワシントン最高

さて、ここまで延々画像をもいていただいたわけですが、一日ワシントンの町を自転車で走り回って分かったことは、ワシントン最高すぎだろということです。

首都なのにのんびり時間が流れてて、いつまででもここにいれそうな感じがします。

今日は博物館を回っていく感じになるので町並みはもう見れませんが、貴重なものをたくさん見れそうです。