東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

近況報告と何故僕には彼女が出来ないのか

最近ブログがうまく書けないので調子を取り戻すためにこの記事を書いているのですが、こういった症状は前にもありました。

 

確かあの時は本を読みまくって文章という物の感覚を取り戻した事をうっすらと覚えています。逆に言うと、僕は最近文章に触れてなかったと言うことになり、思い返してみると確かにそうだなと1人反省するのです。

 

最近は動画投稿やTwitchに注力しているため、文章を読む時間というのが圧倒的に少なくなり、そこに加えてアルバイトを始めたので時間ががっつり奪われています。ちなみにアルバイトは最近オープンするテーマパークです。少数しか採用されない部門でしたが何故か採用されました。裏方ですけどね。

 

こうして以前にくらべて活動時間が減ってみると、一日8時間労働を終えた後に出来ることは1つ2つしかかなく、コレで以前のような文章を書けと言われるとなかなか難しい物があるなぁという事です。

 

なぜなら、僕が一人暮らしをしているとなると返ってきた後に食事や洗濯、掃除、風呂の用意その他諸々の家事をしなければ成らんことになります。

これらはどう低く見積もっても最低2時間以上はかかる事になりますよね。一般的な定時が何時なのかまともな企業で働いたことがないので僕には分かりませんが、例えば18時定時として家事で2時間経過したら20時になり、23時に眠るとしたら残り3時間しかありません。

そもそもこの前に通勤時間とかあるのでこの時間はもっと短くなります。

 

長くなりましたが、要はまともに仕事や残業してたらそれ以外に使う時間がほとんど無いよと言うお話です。多分、ブログや何かが続かない人はこのプライベート時間の短さが原因なのかも知れません。

 

ではこの時間を延ばすにはどうすれば良いのかというと、家政婦さんを雇うとか、付き合ったり結婚したりして専業主婦(夫)になる、またはなって貰う事によって改善することが出来るのではないでしょうか?

 

まあそんな感じです。後最近思うのはクリスマス考えた奴は天才だなと言うことです。今年になってようやく分かったのですが、寒くなると無性に人恋しくなるのが僕の習性のようで、多分このブログを見てくれている親愛なる読者の皆様の中にも1人2人はそういう人がいるとは思います。

 

そんな季節にクリスマスを設定し、クリスマスは恋人と一緒に素敵な夜を過ごすという大義名分を作り人恋しさを解消しながらも、消費行動を促すというこの戦略はテンサイの所行ではないかと思うわけです。クリスマスプレゼントもそういう流れですね。

 

いいなー、クリスマス。僕も彼女欲しいなー。

 

彼女といえば、ってこの記事全然終わらないですね。別に良いんですけど。

 

彼女と言えば、僕は生まれてから1回も彼女居たことないので最近では多数派になった性交渉がない若者という不名誉な称号を頂くことが出来るのですが。この「彼女が欲しいな」と言う事を言ったときに自問するのは、

 

では彼女に僕は何を与えることが出来るのだろうか? という事です。

 

まずわかりやすく僕が彼女と付き合うことによって得られるメリットとは何でしょうか? 身もふたもなくいくつか上げてみましょう。

 

  1. 精神的充足
  2. 世間体の確保
  3. 遊び相手の確保
  4. 性交渉が出来る

 

こんな所でしょうか? まあこんなくらいしかないですね。

さて、ひるがえって彼女のことを考えてみましょう。当たり前ですが、彼女という存在も人間な訳ですから、彼女が僕と付き合う上で得られるメリットと言う物があるはずです。一体何なのでしょうか? とりあえずこういうメリットがあれば付き合うと言うことになりそうだな。という物を上げていきましょう。

 

  1. 精神的充足
  2. 世間体の確保
  3. 遊び相手の確保
  4. 性交渉が出来る

 

一緒ですね。というかこのくらいしか無いのかも知れません。想像力が貧困とも言いますがまあ良いでしょう。

 

ここから考えていくと、3と4は付き合った瞬間自動的に満たされるので無視してかまわないでしょう。なので問題となるのは1と2です。

 

まず、2の世間体ですが多分コレは付き合った段階で半分は満たされるようなものだと思います。まず恋人がいないと言うことは男女ともに世間(家族も含む)からのプレッシャーになると僕は考えるので、この部分は満たすことが出来ると思います。

ただここで、僕はこの世間体というものは全部満たされるので良いのですが女性の場合は残り半分が満たされないのではないでしょうか? 満たされない残りの半分にはイケメンであるとか、収入が高いとか、上場企業勤めだとかいう、男性の社会的ステータスが入り、このステータスの内容によって女性の世間体が決まると考えます。*1

 

ではこの件について僕の社会的ステータスを・・・おっと、個人情報が含まれるので詳しくは言えませんが、上の記事を見て頂ければ分かる通り今はアルバイトです。社会的ステータス全然ありませんね(´・ω・`)

 

次に1の精神的充足です。コレを後にしたのはあまりにも解読するのがめんどくさいからです。とりあえず僕の精神的充足は付き合うことで他人から認められたとか許しであるとかそんな感じの彼女がいなさすぎて鬱屈した精神性の解放であるので、付き合うだけで充足します。単純ですね。

 

では次に女性の精神的充足とは何でしょうか? よく分からないのですが、上の社会的ステータスを引っ張って考えると、玉の輿や、一緒にいて楽しいとか、話が合うとかでしょうか?

正直、10年以上女性が2人以上いる会社やグループに所属したことないので僕の女性情報と言えば、Twitterでフォローしている腐女子や女オタクの方々しかいないので。BL趣味やコスプレ趣味、ドール趣味などと言った、失礼ですが一般の女性情報とは到底言いにくい人ばかりですので、何の参考にもならないばかりかそもそもそれらで精神的充足をしている、(こんなこと言ったらぶっ飛ばされると思いますが)彼氏いらない人達ばかりですので、その中の誰かがまかり間違って僕の彼女になったとしても、何故趣味で満足しているのに僕と付き合うんだ? と別の疑問が頭の中で持ち上がることになります。

 

いろいろ言葉を並べましたが、要約すると女性が僕と付き合うことにメリットをあまり感じないと言うことです。しかし、前の会社に勤めていたときは正社員でボーナスもそこそこ貰い、2の世間体は十分クリアしていました。しかし、彼女は全く出来ませんでした。もちろん色々活動はしていたのですが全くだめです。

 

そうなると、全く分からない1の精神的充足を僕が埋めることが出来ないから今でも彼女が出来なかったと考えるのが素直でしょう。僕が彼女を作るのであればこれが課題のようです。

 

え? こんなこと長々と考えているから彼女が出来ないんだって?

 

その通りだよこんちくしょー!

 

なんか似たような記事があったのでリンク張っときます。

kentaroupeace.hatenablog.com

*1:まあ本当にコレで女性の世間体が決まるので有れば、男女平等社会なんて訪れるわけ無いんですが