東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

ダイソンの掃除機はうるさくないから大掃除にぴったりだと思う

カードショップ始めました

取り扱い

MTG・ヴァイスシュヴァルツ・ヴァンガード・ウィクロス等

f:id:hushinomiya:20170808002018p:plain

どうもふしめろです。

掃除機界のスーパースターといえばこのお方

f:id:hushinomiya:20161110110929j:plain

 キャニスター型掃除機|DC48タービンヘッド|ダイソン

DC48 Turbinehead JP

というのを買いました。コイツが最高だったのでご紹介します。

  

ダイソンはヘッドのブラシがよく見える

 さて、ダイソンを購入して掃除をしていく中でまず感じたのは、今まで使ってきた掃除機より少しヘッド部分の操作性が悪いと言うことだ。まあ慣れかも知れない。

あとヘッドで大きく違うのは上部が透明で中のブラシが回っているのが目視で確認出来ることだ。これが思った以上に満足感が高い。ヘッド上部は全部クリア素材で出来ているのでブラシが今回転しているかしていないかが一目瞭然だ。

 

なぜか日本の掃除機ってこのブラシを不透明ヘッドで見えなくしているので、ブラシが回転してゴミをかき出している! という実感が全然無かった。

冷静に考えてみるとコレはおかしい気がする。だってブラシの性能云々はともかく、せっかくの回転ブラシ搭載の掃除機なのに、回転してちゃんと仕事しているかどうかが掃除中に全く分からんと言うのは筋が通らない話では無いか? 

 

ブラシ付きヘッドの掃除機を買ったユーザーの関心はヘッドは今きちんと回転して仕事しているか? 回転していないのならそれはなぜか? だ。ブラシまで取り外せて洗えると言う文句で掃除機を売りたいなら、せめてのぞき窓くらいつけておいてほしいものである。

 

もし、気がつかないうちにヒモ状の物を吸い込んでブラシに絡みつき、ブラシが回転出来ないとか言う状態になっても使用者には全く分からないじゃ無いか。*1

 

 閑話休題

 

ともあれ、透明ヘッドでブラシの回転で掃除している気分を高めてくれるのは個人的には掃除をするモチベーションになる。

ヒモが絡まない最強のヘッドが付いてきた

さらに、行きつけの家電量販店で購入したため良くある家電量販店限定セットで以下のヘッドが別で着いてきた。

 コイツは正直言って感動物だった。ペットを飼ってる人はコレを使うためにダイソンを購入して欲しいくらいだ。今までどんな掃除機でも取れなかった毛の長い絨毯に絡まったホコリが全部取れた。

 

いいか、絨毯に絡まった全部のホコリだ。大体じゃ無いぞ。

 

根こそぎ取れたんだ。詳しい動画はダイソンへのリンクを張っとくから見て欲しいが、カーペットや絨毯が沢山あると言う家は絶対に見てくれ。

 

タングルフリー タービンツールの動画はリンク先中段

 

掃除の成果がわかるので掃除の習慣化がしやすい。

さきほど、ヘッドが透明でモチベーションがあがると言ったが、吸ったゴミが入る部分、ダイソンが言うにはクリアビンというらしいが、名前の通り、透明で吸ったゴミがよく見える。

ものすごく見やすいので掃除しているとどんどんゴミが溜まって行くのが見えて、これまたどんどん楽しくなってくる。ゲームでコインを集めているような感覚と言えばよく分かってくれるだろう。

 

まあとにかく、自分が掃除をした結果が如実に分かるのだ。これほど楽しい物もない。掃除をしていて一番辛いのは掃除前と掃除後の違いが分からんと言うところだ。特に隅の方にうっすらと貯まった、遠くから見ても気がつかないホコリが一番の強敵だ。

 

だって、掃除しても部屋に入ったときの印象変わらないんですもの。

 

でも、このクリアビンなら吸った後中でこんもり溜まってくるので、「おお! 俺すっげえ掃除した!」と手軽な達成感を味わえるので最高だ。

歯磨きは磨いたときのすっきり感を目当てに習慣化していると言われているが、それと同じように掃除後にクリアビンのホコリの山を見て、「おお! 俺すっげえ掃除した!」と感じなければ続くわけが無い。

 

かなり静かでうるさくない

この購入したダイソンで初めて掃除したときに、「今までの掃除機と違って全然うるさくないな」という印象を受けた。今までの掃除機が安物だったというのもあるのだろうが、かなりうるさめだったのだ。

でも、それと比べて少なくとも三分の一は静かになっているように感じた。梱包表面に書いてあった音に対するこだわりみたいなものは鬼気迫る物が感じられたのだが、写真に撮ることを失念してお見せ出来ないのが残念だ。

コレの横面に書いてあったがもう捨ててしまった。

f:id:hushinomiya:20161110161021j:plain

 

公式HPが他社に対して徹底的でいい

さて、購入して製品登録をすれば2年間の製品保証がもらえるので、早速登録しに行ったのだが、ついでだからHPを除いていこうと思いちらちら見て回ったところ、ダイソンは他社の掃除機に対して徹底的だ。

キャニスター掃除機

これの他社性の掃除機として出てくるモデルをよく見て欲しい。非常に上手くぼかしているが、どう見ても東芝のトルネオにそっくりだ。

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/614Pd%2BdmMQL._SL1000_.jpg

 

また、キャニスターでは無いがダイソンの布団掃除を見て欲しい。

Dyson V6 Mattress+(ダイソン V6 マットレス プラス)

こちらの競合他社としてでてくる布団掃除機をよく見て欲しい。

 

 どう見てもレイコップにそっくりだ。しかも、UV機能も振動機能も効果無いぜ! と言って居るではないか。なぜこんなことが言えるのか?

ダイソンは、13年前に微生物研究所を設立しました。
研究者たちは、ダニを培養、飼育し、アレルゲンを
含むハウスダストを分析しています。

ここで、ダイソンの微生物研究者たちは、
ダニの習性やアレルゲンの発生過程を研究し、
その実態を把握しています。

この研究を通して、ダイソンの微生物
研究者たちは、ベッドや布団に潜む
ダニアレルゲンなどのハウスダストを
減らす最も効果的な方法を発見しました。
それは、UVライトでも振動を与える
ことでもありません。パワフルな
吸引力こそが効果的なのです。

Dyson V6 Mattress+(ダイソン V6 マットレス プラス)

 

 ダイソンダニ飼ってるってよ

そりゃ、そこまでのことが言えますわ。まあ日本のメーカーはこのへん大体外部委託だから、第三者機関で公正な試験が出来ているとも言える。からドッチが良いとは言えないけれど、そこまでやっているというのは衝撃的だ。

 

ただダイソンお前なんか詰まるぞこの野郎

さて、ここまでダイソンすげぇ! という論調で来たわけですが、最後に一つだけ言いたいことがあるのです。

ゴミの入るクリアビンに吸う方か出る方か、どちらかは分かりませんがゴミがどちらか片方に詰まっているんです。めんどくさいんで掃除せず放置してますが、コレを解消した後も詰まるようなら何というかまあうん。という感じです。

 

最悪コレが続くようならダイソンのカスタマーサポートである、「話そうダイソン」とかいう所に電話をしてみることにします。なんでも故障だと判断したら引き取りから返却まで72時間以内にやりますとかご丁寧に掃除機本体にタグまでつけて主張してるので、さすがダイソンと思いながら一つお願いしてみようかなと。

 

あれ? 結局ダイソンすげえって話しになってしまった。冬のボーナスで掃除機を買い換える予定ならダイソンを見当してみてはいかがでしょうか?

 

ボクはすごく満足してます。

*1:その辺はエラー表示でも出すのだろう。でもそれでユーザーが考えるのはサポートに電話しようということでコスト増に繋がりそうだがどうなんだろうか?