東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

来年の状態



このチャンネルで雑談放送結構やってますー


ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

どうもふしめろです。

さて、今日のカレンダーでは来年の状態についてお話しさせていただきます。

 

来年のVTuberの状態
バーチャルのパイはもうすでに飽和していると言ってもいいだろう。ここから先に行くにはどうあがいてもリアルに進出するしかない。


個人的な意見になるが、そもそもバーチャルは技術者の舞台であって芸能者の舞台ではない。
事実すでにVTuberは技術者から芸能者への転換期を迎えつつある。


これは技術者の手によりvカツなどといったVTuber支援ツールが作成され普及し始めたことによるものだ。
誰しもが手軽にVTuberになれる環境になれば、技術者より芸能者の方が受け入れられやすい。


最もいいのは技術者かつ芸能者であるがなかなかに少ないのではないだろうか。


さて、そうした中でも先行者利益を持つのは技術者達なので、後続の芸能者は何とかして技術者との差別化を図りたいところである。


そこで出てくる案が技術者の舞台から降りて、自分たちの舞台を構築すること。つまりバーチャルからの脱却そしてリアルへの舞台づくりが盛んに叫ばれるはずだ。


そこで一番はじめにVTuberのリアルとバーチャルの架け橋を作れる存在が来年のVTuberの星となるだろう。


多分以上が未来の状態である。