東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

寝れないという苦痛





ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

やはり寝れないのである。

 

以前より寝つきが悪い症状を呈していて、内科で睡眠導入剤をもらっているのだが生活習慣のせいなのか薬を飲まないと寝つきがかなり悪い。

 

仕事時間が12時から21時ということもあるのかもしれないが、寝る時に色々考えが浮かんで悶々としてしまうのだ。

 

もしかしたら一日のどこかで瞑想を取り入れればいいのかもしれないが、休憩中に瞑想するのも職場は騒がしいので難しい話だ。

 

実際薬を飲めば眠る事ができるので(それでも耐性ができてしまったのか少し寝つきが悪くなり始めている)それでいいという考えもあるが、できればあまり薬に頼りたくないところである。

なぜなら耐性ができて強い薬を飲まなきゃいけなくなるということはできれば避けたいし、そもそも薬を飲まなくてもいい状態に持って行きたいのだ。

 

だが薬を飲まなくて済むようにするにはある程度固定時間の仕事(要はシフト制ではなく定時制の仕事)に変わらなくてはいけないので現実味が薄い。

 

このままある程度妥協して薬と付き合って行かなければならないのだろうか・・・