東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

現実を再発見する





ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

思うにネットから逃げた方がいいのではないか?

 

というのも今現実を遮断された人が大量にネットに流入しているためである。現実が嫌でネットに逃げ出して居場所を作っていたのに、現実の嫌な部分が土足でネットに乗り込んでロープを張り陣地を形成する場面が大量に出てくるだろう。

 

こんなもの悪夢の始まりに等しい。今更気がついてしまった。

 

となると自分はどこにいけばいいのだろうか? おそらく人の居なくなった現実に移動するより他はないのかもしれない。

 

もちろん、ネットは依然にして使うだろうし、その比率はますます上がっていくだろうが、今までのような広範のネットではなく分断されたネットに接続し他の分断ネットとゆるい相互関係を保ちつつ、現実に居場所を構えることが望ましいのだろう。

 

まだこの波は岸辺に届いていないが、水平線の向こう側にうっすらと存在を確認できるだけだ。もしかしたら途中で崩れて消えてしまうかもしれないが用心に越したことはない。

 

おそらく、現行のネットに接独し続けることは危険だ。あまりにも無秩序になってしまう。