東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

無に帰す時間に哀愁を抱いて





ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

在宅勤務と言う名の有給消化を命じられて早3週間がたとうとしている。そのうちの一週間は本来の勤務時間中に資格試験の勉強を命じられて行っていたので事実上2週間の時間があったことになる。

この期間で僕がなしえたことと言えば、ゲーム実況動画の一部投稿、R18小説の書き上げ、ブログの執筆、数回の動画配信である。

2週間と言う時間があったにもかかわらず、家でその大部分をネットフリックスやYouTubeに時間を消費していて思うのは過ぎ去っていった自らの時間の価値である。

あれもできたこれもできたと、もう少し生産的な時間を過ごすべきだと反省しつつも実際世の中の人間すべてそんなものなのかもしれないと同時に考えてしまう。

 

おそらくある程度意識が高い人間や仕事がある人間にしてみれば本当に僕が過ごした無駄な時間だったのだろうと思うが、逆に言えばこの無駄な時間が持てるだけの余裕を獲得できたと考えれば多少は気分が安らぐ。物は言いようとはこのことだ。

 

そして、時間を持て余して今まである程度後回しにしてきた物事に取り組もうと考えると全く取り組めない現実を見たりもした。結局今までやってこなかった物事と言うのは時間がないという言い訳を盾に、本質的にはやりたくないことだったのだと理解できた。

これも逆に言えば今までやってきたことと言うのは言い訳抜きでやっていきたかったことなのだろうともいえるので、なんだかんだ不平不満を言いつつも自分は十分有意義な人生を送っていたしこれからも送っていくのだろうと安心もできる。

 

そして、家で一人孤独に*1いると今まで人間関係を丁寧に構築するのを怠っていた自分と言うものも見えてくる。Twitterで多くコミュニケーションを取れる人間を見ていると、今までしっかりと他者とコミュをとり親交を深めているアカウントを目の当たりにする。そうしたことを今までやっていただろうか? いややっていないのだ。

そして彼らに学ぼうとコミュを取ろうとすると不意に怖くなる。このアカウントにリプを飛ばしていいのだろうか? ブロックされてもいいと思いリプをする。リプが来る。思ったより簡単だと思うとともにどっと疲れる。

引用RTをするいいねが来る。返信が来る。RTされる。安心しどっと疲れる。

 

果たして僕はここまで人と交流するのが苦手な人間だったのだろうか。おそらくそうだし、気が付いていなかっただけで、まあうすうす気がついてはいたのだが、自分の周りの人間が合わせてくれていただけなのだ。

リハビリと思い意識的に高頻度にリプを引用をするようにしているが、そのたびに恐れが来る。距離感がわからない。

 

外界との接続が立たれた今、改めて他者交流を思うと僕が今まで認識していなかっただけで、本当にアクロバティックなことを人々はしているのだなぁと感じるのは僕だけだろうか? 

*1:実家に住んでいるので孤独ではないのだが、自分以外全員年金をもらっているので同世代近辺からはだいぶ孤立している