東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

人生行き詰まったら占いに頼るしかないんだよ





広告

まじの相談なんて人には出来ねえよなぁ??!!

占い信奉者のように聞こえるかもしれないが、歳を取れば取るほど人間の頭は凝り固まって他人の言うことを受け入れられなくなる。

 

そして他人にアドバイスも出来なくなる。人生の変数が多すぎるからだ。全く同じ人生が無い以上はそこから出てくる悩みも全く同じモノはない。

 

なので相談しても、「お前がもっと頑張ればいいじゃん」、「お前昔からそんな感じだったじゃん」とかなんとか検討はずれな事を言われたりするし、場合によっては茶化されて終わりが本当に上がってくる。

 

でも、自分一人じゃ決めきれない時って人生ままあるわけで、そういう時に占いを活用してますよって話。

 

生まれ系の占いと即時系の占いを組み合わせてくれるところに行け

占いには大別して二つあって、生まれ年から人生の流れを見るタイプの四柱推命とかの占いと、その場で出た何かから占うタロットとか即時系の占いがある。

 

この二つを組み合わせてくれるようなところで占ってもらうとなんとなくいい。ミクロとマクロで見てくれるから。

 

例えば転職相談だと、まずそもそも転職がいいのか悪いのかを即時系で占ってくれる。

 

そうするとやめた方がいいやめない方がいいとかなんとか出てきて、例えば辞めるならいつがいいかとか、やめないならいつ好転するかとかが生まれ系の占いでわかってきて、もうちょい我慢せいとか、すぐ動けいとかわかりやすく出るのでいい。

 

占いで出たからそうだよの破壊力はすげえ

いろいろ言われてそうなんかーってなった時にでもそれってなんで何?と気になることがある。

 

それで普通だと、会社の方針がそうなってるとか、お客様のこと考えたらそうなるだろとか、世間一般だとそうだろ。とか色々言われて納得できない時って沢山ある。いや世間様とかお客様とか知らんがなってなる。

 

でも、占いでこう出てるんで。って言われると納得しちゃう。

特にタロットだと、今ランダムに引いてこう出たんで多分そうって言われると、確かに今目の前にそう言うカード出とるからなぁでなんとなく素直に聞ける。

これが占いの強いところ。

頭に血が上りそうな時に比較的冷静に一歩引いて話を聞ける。

 

なので占いに行こう

高いところ安いところがあるけど、どっちでもいいと思う。

でも最初は安いところがいいだろう。

 

病院で言えば診療所みたいな感じ。それでもまだなんかモヤモヤするってなったら高いところ行けばいいと思う。

 

安いところどこ行こうか悩んだら、なんか老舗っぽうところがいい。常設でこじんまりとずっとやってるようなところがいいと思う。

 

なので日頃からそう言う場所を見かけたら覚えておいて何かあれば駆け込んでください。