東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

異性とのコミュニケーションがわからん





広告

この歳になり恥ずかしいのだが、人生経験の少なさから異性とのコミュニケーションがわからん事に凄まじいストレスを感じている。

 

仕事上は問題ない。利益追求と言う共通の目的意識があるからだ。わかりやすい。

 

しかしプライベートとなると話は別だ。

 

いろいろ幸運が重なり食事に行こうとなった時にかける言葉がわからない。

日程が伸び伸びになった時とかにふと思ってしまう。ほんとは僕とご飯いきたくないんじゃないかなと。遠回しに理解しろーと言ってるのかもしれない。

 

別に僕とご飯行きたくないのはどうでもいいんだが、その言外のコミュニケーションと言うか、相手の意図をどうしても理解できない事にストレスを覚える。

とはいえ、無理そうだなと思って引くと、私とご飯行きたく無いんですか激怒となった事があるので行くにしろ行かないにしろ地雷原である。

 

だから異性とのプライベートコミュニケーションは僕にとって非常なストレスだ。

 

たまに同人誌で彼氏持ちの女の子を寝取ったりとか、チャラ男のどうたらって奴が目に入ってめくるが、女の子より男に興味が向く。

こいつらは異性とのコミュニケーションにストレスを全く感じてないしむしろ快感としている事に違和感を覚える。

まさしくカルチャーショックだ。