東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

著作権法における映画等の上映について

どうもふしめろです。

 

ブログをやってると転載云々とか引用云々とか、著作権周りで結構めんどくさいことを考えなければならないことがあります。

そんな流れで、ふと映画や映像の個人上映ってどういう著作権利処理でなされているんだろうか? 訴えられたりするんだろうか? と思ったので調べてみました。

 

上映自体は著作者の許諾を得ずに可能

私的上映自体は著作権法第38条1項によって規定されていて、

公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。

著作権法第38条 - Wikibooks

 

とあるので要は「非営利・入場無料・無報酬」という条件であれば、自由に上映出来る。

頒布権も実質問題なし

で、さらに著作者の頒布権(簡単に言うと”著作物”を配る権利)侵害なんだけど、これは基本的には映画のレンタル・販売とか”著作物”を頒布する際に著作者と交わしている物で、そこら辺で売ったり貸したりしてるやつは「個人向けに売ってもいいですか?」って著作者に伺い立ててOKしてもらっている奴。

 

なので、これらレンタル・市販DVDとかを入手した人が業務的に(映画館とか個室ビデオとか営利を目的として)上映したら、「レンタル・販売した人間」は頒布権侵害で違法になって、上映した人間は「営利を目的とした上映になるので上映権侵害」でアウトになる。

 

でも、上映権は上に書いた条件に当てはまる限り著作権法第38条1項で回避されてるから上映した人はセーフ、でもそのひとに渡した人間はグレー。

 

なのでまあ、人に迷惑はかかるけどセーフっちゃセーフ。

 

最大のネックの一つ-複製権

で、もしもインターネット上で上映という形をとる場合、データが必要なので複製権は? と言うことになるけど、著作権法第30条1項によって、

著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

著作権法第30条 - Wikibooks

 


なので、「個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること」ならいける。

ただ、次に掲げる場合という部分がネックで、これには「技術的保護手段の回避」が含まれるのでDVDのリッピングやダビングはどう取り繕っても技術的保護手段を回避しているため引っかかる。

なので、この複製権自体を回避する方法としてはDVDを読み込みながら逐次配信するライブ配信方法であるならば複製権には引っかからないのでセーフと言うことになる。

 

終わりに

 

 

ただ、いろいろこねくり回したとは言えインターネットで公衆に上映していると言うことの心証は良くない上に、今度は送信可能権に引っかかり始めるから、やるにしても本当に友人間で映画を見ると言うことにとどめた方が良いとは思う。

 

めんどくさいね。著作権。まあだからこそ著作者が守られてるんだけどね。

ただ、逆に著作者は自分の著作物の範囲で許可できる物についてはこれは許可できますと言うことを明示していく責任があるのかなとは思うね。

昔このブログのある記事が全文転載されたことあるけど、それはダメよ!*1

 

ま、そんな感じ!

*1:このブログのすべての記事は通常考えられる引用の範囲での転載ならOK!

オーバーウォッチに限らずFPSであなたを勝利に導くための「音」について

どうもふしめろです。

親愛なる読者の皆様であればご存じのように、PCでゲームをよくやり音楽もたくさん聴くとなると必然的に音への要求は高くなっていきます。

 

ゲームであれば臨場感あふれるサウンドを、音楽であればアーティストが作った美しい音色を聞きたいと思うことは当たり前と言っても過言ではないでしょう。

 

また、特にFPSであれば周囲の状況を知るために音という要素は非常に重要です。どこからか聞こえてくる敵の足音の方向を一発で解るようにするためには、いくつかの方法が考えられます。

 

 

音を劇的変える2つの要素

そういうときにPCの場合2つの要素があります。

 

 

1つめは音の最終出口を変える。つまりイヤホンやヘッドホン、スピーカーを新しい物に変えるという作業ですね。この場合基本的には2万円も出せばいい音で鳴る物を買うことが出来ます。

 

ちなみに今僕はこちらのイヤホンを使っています。やはりBOSEだけ合って音色の完成度が高いですね。旧式ですが、元が12,000円くらいした物が今では7000円台で購入できるので是非買ってみてください。

 

2つ目は音を作る段階で手を加える方法です。

PCから出力される音はデジタル形式で保存されています。こうしたデジタルデータを音として聞く場合、どこかの段階でアナログに変換する必要があり、この装置のことをDACと言います。

 

このDACはマザーボードに標準装備されているわけですが、標準装備と言うことは特に断りが無い限り、極端な話コスト削減のためにステレオ再生が出来るだけと言ったような必要最低限の品質の物しか積まれません。

そうしたときに特にFPSの場合、「左後方から音が聞こえてくる!」といったような微妙なニュアンスの音の再現度が低くなりがちです。

 

こうなってくると。音はするけどどこから打たれているか全く解らない状態で打ち合いが始まり、基本的には1キルを取られてしまいます。

 

また、音楽鑑賞に至ってはこうした上記の3Dサラウンド機能に加えて楽曲の再現度を上げるための機能も含まれていることが多いため、臨場感あふれるサウンドを体験することが可能となってきます。

 

なので音楽を聞くにしろFPSで相手を打ち負かすときでも、可能な限り音の再現度が高いサウンド環境を構築する必要があるわけですね。

 

SOUND BLASTERX AE-5 レビュー

と言うわけで長い前置きがありましたが、要するにゲーム向けのサウンドカードかUSBDACを何でもいいから買っておけと言う話です。

そして、現在持っているサウンドカードであるこちらが

kakaku.com

最近負荷がかかると音がブチブチ途切れるようになってきていたので、Windows10にも対応してないし元々中古で買った物だからもう寿命かなと買い換えることにしたのです。

それがこちら

 

 これは前回のサウンドカードTitaniumと何が違うのかというと、まずは出力端子がミニピンジャックと光出力しか無いこと。前のカードは入出力が充実していたのでその辺はこちらの方が弱いですね。

 

しかし、こちらのAE-5はDACの性能が一段上がっており価格.comの比較ではこのようになっている。

gyazo.com

 

www.4gamer.net

そうして詳しい話は上記の所に委ねるとして音の間隔としてはTitaniumより音の仕上がりが上という感じだ。基本的にほとんどのサウンドでその深みが増している。

特にジャズの再現度がすさまじく高い。本当にそこで演奏している感じが半端ない。

さらにwin10対応と言うことでコントロールソフトもまた使いやすく動いてる。前回のTitaniumではコントロールソフトがwin10に対応していないため、実質無調整で聞いていた形になるのでこれはうれしい誤算だった。

 

難点を上げるとすればマイクの品質がすこぶる悪いと言うことだろうか?

現在マイクはこちらを使っているのだが。

 

 かなりくぐもった声に聞こえるのはいかんともしがたい。ただ、マイクのせいかもしれないのでなんとも言えない。

 

終わりに

総評としては音がかなりよくなる代わりに声の調子が悪くなると言うところだろうか? 

ただ、現状サウンドカードを持っていない場合はマストバイであることは間違いない。ゲームもして音楽も聴くというのであれば、この製品はハイレゾ対応製品なので最上のパフォーマンスを得られることだろう。

ひかるしね