東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

「汚い話」どれだけ健康に使っても食あたりには負ける

今日は仕事だったけど、朝から微熱と水溶性便で尻から水を垂れ流していた。

 

助かったのはそれ以外特に腹痛もないし、しんどいえらさもないので、精神的には楽だったことだ。

一応病院に行ったらおそらく一過性の物だと言うことで、とりあえずの抗生物質をもらって解放されたが、熱があるから一応コロナの検査されたのには参った。

 

しかし、最近は特に健康に気をつけてはいたが、まさか食あたりに近い症状が出るとは不覚だった。

おそらく昨日食べたステーキのソースだろう。刻みわさびと味噌ニンニクが少し変な匂いがしていたのだ。と言うかちょうどそのぐらいの期間の便が全部それだった。それすぎたらもう普通便に戻ってたので、人体とはかくも不思議な物だな??

腸が優秀でありがたい限りだ。

 

しかし、いくら健康に気をつけても食あたりには勝てないなということは盲点だった。しかし食が一番気をつけるのが難しい。いくら気をつけたとしても、菌は目に見えないし、匂いで判断するしかないが匂いもなかったらどうすればいいんだ。

 

腸を鍛えるしかないのかもしれないが。。。

うーん頻繁におやつでヨーグルト食ってるから結構強いはずなんだけどなぁ。それか強いからこの程度で済んだのだろうか??

 

だったらヨーグルト最高だな。

もうちょっとしっかり食べるとするか。

 

ちなみにヨーグルトだと、小分けの奴よりビッグサイズのプレーンを砂糖とか混ぜて食べるのが好きだ。

最近やってなかったし今度やろうかな??

 

 

異性とのコミュニケーションがわからん

この歳になり恥ずかしいのだが、人生経験の少なさから異性とのコミュニケーションがわからん事に凄まじいストレスを感じている。

 

仕事上は問題ない。利益追求と言う共通の目的意識があるからだ。わかりやすい。

 

しかしプライベートとなると話は別だ。

 

いろいろ幸運が重なり食事に行こうとなった時にかける言葉がわからない。

日程が伸び伸びになった時とかにふと思ってしまう。ほんとは僕とご飯いきたくないんじゃないかなと。遠回しに理解しろーと言ってるのかもしれない。

 

別に僕とご飯行きたくないのはどうでもいいんだが、その言外のコミュニケーションと言うか、相手の意図をどうしても理解できない事にストレスを覚える。

とはいえ、無理そうだなと思って引くと、私とご飯行きたく無いんですか激怒となった事があるので行くにしろ行かないにしろ地雷原である。

 

だから異性とのプライベートコミュニケーションは僕にとって非常なストレスだ。

 

たまに同人誌で彼氏持ちの女の子を寝取ったりとか、チャラ男のどうたらって奴が目に入ってめくるが、女の子より男に興味が向く。

こいつらは異性とのコミュニケーションにストレスを全く感じてないしむしろ快感としている事に違和感を覚える。

まさしくカルチャーショックだ。