東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

なんでバーチャルなのに仕事しようとしてたん僕???





ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

昔の僕なんでバーチャルで仕事しようとしてたん??

 

理由はわかるけどよぉ

おまえそれどこにも求めることができん類のものじゃん

 

仕事にすれば世の中のみんな受け入れてくれるかなって考えてたんだろ。まあわかるよ。俺ら昔からつまはじき者だったからな。勉強しねえから赤点ばっかとるし、なんかそれで気後れして疎外感覚えてたけどよ、まあそん時の友達に当時どうだったって言ってもおそらく「お前別に浮いとらんかったぞ」言われるだけだけどまあ主観じゃんそこは。

 

ただ、小学校の時に町内会のソフトボールクラブでピッチャーフライとった時に他の父兄から「とるとは思わなかった」とか言われて僕って別に世の中から何も求められてないんだって思ったのは今でも落ち込んだときとかに思い出してセルフダメージ受けてるよな。ウケるわ。

 

そういうの忘れらんねーよな。でも「多かれ少なかれ似たような経験してるやつらがいるからそういうの言って悲観にふけるのよくないよな」って話をしたら、「だったら世の中で一番不幸な奴しか悲しんじゃいけないことになるじゃん。悲しいときは悲しいって言えよ」って言ってくれた奴が居てなんか助かったよな。それ言ってくれた奴には勝手に恩義感じてるから丁重に扱えよ。

 

まあどっちも正しいわ。ネットで言っていい話か微妙なラインだし、そもそも人によっては癇に障る話だしよ。被害者面ばっかしてんじゃねえって話よ。

 

でもよぉ、お前分かっただろ。多分俺らどっかで受け入れ感をもとめてるんだろうな。世の中に対してよ。この自分を受け入れてくれよつってさ。ただそれで基本失敗してんじゃん。全部のことが。いうなれば重い男だってことよ。あえてカテゴライズするならな。メンヘラ気質ってやつ??まあそれがあるんだろうな。知らんけど。

 

ただおまえそれ結局人間が、異性愛者だから概ね女だけどよ、女が相手してくれないから、その重さ仕事にぶつけようとして結局仕事もうまくいってねえよな。仕事も相手してくれないつって転職回数増えてんじゃん。メンヘラ男だろこれ完全に。多分メンヘラ女は彼氏が増えて、メンヘラ男は転職回数が増えるんだろうな。これまじで言うとぶっ飛ばされるやつだわ。言っちゃうけどさ。

 

なんつうかやめにしようぜそういうのさ。多分よ、世の中どう頑張っても俺らのこと受け入れてくれないわ。多分マジで。俺らが世の中に合わせてそれっぽく合わせて受け入れられ感出していくしかないんだわ。つれえよな。でも大人になるってそういうことだよな。

 

なんかよ、たぶん彼女作っても本当に彼女とか俺のこと受け入れてくれなさそうだわ。こういう重い感じをさ。試そうとするじゃん多分俺ら。この僕でも受け入れてくれるのかとかさ。多分逆でさ、俺らが世の中を受け入れるから世の中が俺らを受け入れてくれるんだろ。多分全部そうだよ。

 

世の中受け入れなくてもやっていけるやつはごく一握りでよ、そしてそいつらに技術があるわけじゃないのよ。ただただ普通の人の数%話がうまくて、数%ゲームがうまくて100%運がいいだけだよ。これはマジでそう。全部運。俺もいろんな面でだいぶ運がいい方だけどよ、トークショーやったりディナーショーやったりいろいろできたのマジで運がいい方だと思うよ。でも完ぺきに俺好みの筋道の運がなかったんだろうな。運搬の運だからな。そっちには運んでくれなかったんだよ。でも完ぺきな人生がありえないのは自明の理だよな。

 

でもそんな運だけの奴らがよぉ受け入れられてるの見ると腹立つよなぁ。なんでお前が俺がとか思うよなぁ。きっついよな。ただ諦めも入れて全部受け入れるべきなんだろうな。運がなかったし、俺は重い男だった完ぺきな人生はないという話よ。どこにでもある話だよな。

 

でもまあ、生きてる中盤で気が付けて良かったんじゃないのか??死ぬ直前に気が付いてもきついよな。だったらまだわからん方がましじゃない???明日死ぬかもしれんけどよ。運がいいな俺は死ぬ前に気が付けたわ。

 

生きる意味とか考えちゃうよな。でもそんなの考えても絶対答え出ないじゃん。そこは死ぬまで今楽しむしかないんだよな。どうやって楽しめばいいかとかわっかんねえけどよ。多分来年の今頃くらい同じように生きる意味~とか考えてるけどよ。探して楽しむしかないじゃん。

 

だから仕事で受け入れ~とか重い男みたいなこと考えるのはやめてよ、楽しいこと探していこうぜ。な、俺は頑張ったよ。頑張ってメンヘラしてたよ。だからメンヘラやめてよ、楽しいこと探していこうぜ。

 

またどっかでつらくなるだろうけどよ、そん時はこの文章みて楽しいこと探そう。そうしよう。俺は今まで頑張ってたんだからよ。