読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

オーバーウォッチのランクマでチームプレイを一段上にする方法

Twitchでゲーム配信しています

→→→→→→→→

どうもふしめろです。

今回はオーバーウォッチのランクマで、ボイスチャットを使いながらグループを組んでいるけどいまいち戦績が振るわない人達向けに書こうと思います。

この記事を読めば、今よりもボイスチャットの力をさらに引き出して他のチームよりも優位にゲームを運ぶことが出来ます。

あなたのチームはボイスチャットを使いこなせているか?

さて、今一度考えてほしいのは、

 

ゲーム中にあなたのチームで飛び交う大量の無線会話で何が話されているか? です。

 

一体何が話されているのでしょうか? 毎回プレイ動画を保存して検討会を開催しているレベルのチームであれば最低でも次のようなことが話されているはずです。

  • どういった初期構成で行くか
  • 相手の構成に対する対応ピック相談
  • 自分が次にどのキャラをピックするか
  • メンバーにどういったピックをしてほしいか
  • 相手キャラの警戒情報
  • どのキャラをマークしてほしいか
  • 進行ルート相談・決定
  • Ult報告
  • タイミング合わせ
  • 死亡報告

もちろん、もうちょっとバリエーションがあるはずですが代表的な物としてあげています。ぱっと見、もう十分ボイスチャットを有効活用しているように見えます。これ以上何を話すんだと思われるかもしれません。

しかし、もう二つここに情報をねじ込むだけでチームの質が大きく変わるのです。

 

奴は死んだもういない

ここで唐突ですが今から言う状況を思い浮かべて見てください。

あなたのチームは相手の裏取り(例えばトレーサー)に悩まされて居ます。

「トレーサーマジでうっとうしい!」「トレーサー注意!」

あっちに行ったりこっちに行ったり、何度も引っかき回されています、相当うまいです。

「一応俺が見とくわ」「頼む」

物陰からひょこひょこ出てくるトレーサーにあなたは何度も当ててはいるのですが、なかなか死にません。

しばらく打ち合うと前線へと繋がる建物の中に消えていきそれっきり出てきませんでした。もしかしたらUltのタイミングを見計らっているかもしれません。しかし、再度の攻撃を警戒しますがなかなか出てきません。

ではこの瞬間のトレーサーの状況を答えてください。

難しい? 正解は回復を取りにいこうとした瞬間、出口の前線で流れ弾に当たり死亡です。

そんなこと誰も分かるわけが無いとお思いのあなた。それは間違いです。この状況下でトレーサーの死亡が唯一わかる人間が最低でも1人居ます。

それは、流れ弾を当てたボイスチャットで繋がったチームメイトです。もしも彼がトレーサーを殺した事を報告したらこの状況はこうなります。

あなたのチームは相手の裏取り(例えばトレーサー)に悩まされて居ます。

「トレーサーマジでうっとうしい!」「トレーサー注意!」

あっちに行ったりこっちに行ったり、何度も引っかき回されています、相当うまいです。

「一応俺が見とくわ」「頼む」

物陰からひょこひょこ出てくるトレーサーにあなたは何度も当ててはいるのですが、なかなか死にません。

しばらく打ち合うと前線へと繋がる建物の中に消えていきました。

「なんか殺した! ・・・トレーサーだ!」「OK、ナイス!」

あなたは前線に戻りました。

これが一つ目の撃破報告です。

 ここで特筆すべきは、トレーサーが死んだことをボイスチャットで伝えられたため、無意味な裏取り警戒時間を極限まで減らすことが出来たと言う点です。相手の強固な前線を突破するためには出来るだけ火力を一点集中させた方が良いに決まっています。そのため、この撃破報告のあるなしで前線の突破力が大きく変わってきます。

もう一例見てみましょう。

 

やったか!? いや、奴は上に居る!

先ほどは撃破報告でしたが、今度は少し違います。

ゲームは大接戦です。懸念のタネは相手のリーパー。そろそろUltが溜まっている頃合いです。激しい打ち合いのさなか、いつの間にかリーパーの姿が見えません。

死んだのかな?

しばらくして上から落ちてきたリーパーの死ね死ねダンスが繰り広げられました。

 もし、ここである声かけをしたらどうなるでしょうか?

ゲームは大接戦です。懸念のタネは相手のリーパー。そろそろUltが溜まっている頃合いです。激しい打ち合いのさなか、いつの間にかリーパーの姿が見えません。

「リーパー居ないぞ!」「いや、死んでない」「D.Va上見に行け!」

D.Vaが上に向かったところ、丁度リーパーが昇降口から顔を覗かせたところでした。

これが2つ目の敵の安否確認です。副次的に裏取り警戒まで発展させることが出来ます。

 都合がよすぎると思われるかもしれませんが、こういう声かけが勝敗を分けるのです。

二つを混ぜてゲームの流れを見えるようにしよう

ちなみに撃破報告を混ぜると何倍もの威力を発揮します。

ゲームは大接戦です。懸念のタネは相手のリーパー。そろそろUltが溜まっている頃合いです。

「リーパー殺した!」「ルシオやったぞ!」

あなたのチームは今のうちに前線を押し上げました。

 味方は優秀なのでいつの間にかルシオを殺していました。Ultを気にせず・・・

え? 後付けが過ぎるって? でも撃破報告ってそういう物なんですよ。

あのキャラがこの場に居ないと言う情報はメンタルに多大な影響をもたらします。ラインハルト殺した。と言う情報を撃ち合いのさなかに聞かされたら、すごく安心すると思いませんか?

そんなの見りゃわかるだろと思われるかもしれませんが。ラインハルトが盾を仕舞ったのか死んだかどうかはよく見ないと分かりません。意識が目の前の相手に集中してるときにそんなことを確認することは不可能です。

上記の2つによって、円滑なプレイが出来るのであればそれに越したことは無いと思います。

おすすめ記事

 

www.hushimero.xyz

www.hushimero.xyz

www.hushimero.xyz

www.hushimero.xyz

www.hushimero.xyz