東屋書店

一つのブログは一冊の本である

広告

自分の肛門を救うのに2万かかると言われたら払いますか





ファンティア始めました!フォローお願いします!!

fantia.jp

おそらく僕がいぼ痔持ちなのはふしめろウォッチャーの貴方なら既にご存知のはずだが、9/1に登場した僕のいぼ痔は一時的にブームを迎えた後も絶賛活動中なのである。

縦軸を悪化度、横軸を時間にしたグラフにするとこんな感じである。

 

f:id:hushinomiya:20190926003519p:plain

 

このグラフでいう絶頂期の頃は出血までしていたのだからなんともまあ病気にしては元気なものである。

 

このいぼ痔であるが、医者に見せたところいぼ痔には二種類あり外のいぼ痔と中のいぼ痔のうち中のやつが酷いとのことで、このまま注入軟膏や内服薬で改善しない場合、遠くない未来に中のやつが外に出てきて「まじでやべえことになる」とのことである。

 

【指定第2類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×10
武田コンシューマーヘルスケア (1995-05-01)
売り上げランキング: 69

 

軟膏等の薬が効かずそれを回避するには、まだ小さく収まっている中のいぼ痔に直接注射で薬剤を打ち込み元を立つという力技をかける必要があるらしいのだが、この費用がなんと二万円。保険が効いてこの価格*1である。

 

二万確かに日頃の不快感がその程度の金額で治るのであれば安いものだ。しかし、場所が場所である。これは自らの肛門に対して価格をつけろと言っているのに等しい。貴方の肛門の将来を守るために二万円いただければ効果的な治療が可能です。と言われてはい払いますと言える人間がどれほどいるだろうか?

 

もしこれが肛門と同じような場所にある生殖器であれば、二万で温存できるならやりますと即答するだろう。 *2

しかしこと肛門となればその日頃の縁の下の力持ち、日陰者のような立ち位置で黙々と暮らす働き者に対しての認識は驚くほど低いように感じる。たかが肛門に二万円払うなんてと。

 

だが、インターネットは不必要な情報を大量に流す傍有益な情報も大量に流しており、もしこれで肛門が使えなくなったらどうなるのかという例が転がっている。

これによると本当の本当に肛門がお釈迦になった場合はお腹に人工肛門をつけないといけないらしい。大変な話である。

 

とはいえ医者はそこまでの話をしていなく、

医師「見てみた限りこの状態なら注射で痛みもなく*3いぼ痔を抑えられると思いますよ」

僕「では、このまま悪化して外に出てきたらどうなるんですか?」

医師「切るしかないですねぇ。そうすると麻酔とか入れてチョッキンってなるので結構大変です」

僕「痛いし価格も上がると?」

医師「値段はそこまで上がりません。ちょっとやることが多くなって麻酔しなきゃダメになるくらいですね」

僕「とりあえず薬もらってなんとか治します」

医師「それがいいですね。ダメそうだったらきてください」

 

色々考えた結果、僕はこのまま治らなければいぼ痔に二万の注射を打ち込むことになるだろう。だが、これで当分の間いぼ痔に悩まされなくなるなら安いものではないだろうか?

 

もちろん生活習慣のせいでこんなになってしまっているから改善をしていかなきゃならんのだが・・・・

 

意外と円座が進化しているのでいくつか載せておく、べつに痔じゃないって人も予防という意味で買って使っておいたほうがいいと思う。

 

 

 

*1:医師がそう言っていた

*2:もちろん手術に対する勇気がいるわけだが

*3:注:この場合の痛みというのは肛門に肛門に異物を入れらる際の異物感や痛みを指しておらず、単純に注射をする瞬間の痛みがないという話をしている